電子マネーとポイント

電子マネーを利用すると得られるポイントとは?


電子マネーには、利用によって独自のポイントが付くものがあります。
ポイントの付き方としては、「どこで使っても、金額に対応してポイントが付く」という場合と、「特定の店舗、サービスの利用でポイントが付く」という場合の2種類があります。
後者の場合、その電子マネーを発行している会社の関連サービスでポイントがつくという形になっています。例えば交通系の電子マネーであれば、駅構内や駅ビルなどに、ポイントが付く店舗が多いようです。この場合、その電子マネーが使えるからと言って必ずしもポイントが付くとは限らないので、注意する必要があります。
ポイントの還元率も様々なので、自分が普段利用する店舗で最も有利にポイントががまる電子マネーを選ぶとお得になります。

ポイントの二重取り、三重取りとは?


使い方によっては、電子マネー本来の還元率以上のポイントを得ることも可能です。
まず、電子マネーへのチャージを行う際、クレジットカードを利用するという方法があります。これによって、チャージ時にはクレジットカードのポイント、支払い時には電子マネーのポイントを、それぞれ得ることができます。ただし、電子マネーの種類によって、チャージに利用できるクレジットカードは異なるので、注意が必要です。
次に、店舗独自のポイントを併用するという方法があります。店舗のポイントカードを提示しつつ電子マネーで支払いを行うことによって、双方のポイントがたまります。
これらの方法を併用することによって、1回の買い物で得られるポイントの総額を大幅に増やすことができます。

電子マネーを導入するメリットは、レジの煩雑さを解消するとともに、釣銭の間違いといった会計の悩みを解消することが可能です。